国立大学受験

勉強の環境の整え方!五感別にまとめてみた


受験生はもちろん、中高生、大学生、社会人だって勉強はしなければいけないです

 

 

あなたの自室は勉強に適した環境になっていますか?

 

 

勉強の効率は勉強の環境に左右されます

 

 

受験生にとっては時間は惜しいもの

 

 

それに効率のよい勉強をしたいですよね

 

 

そこで今回は

 

勉強の環境の整え方

 

について記事にしていきます

 

 

勉強の環境を整えることで

 

 

やりたくないけどやらなきゃいけない勉強に向き合う気になります

 

 

勉強は不思議なものでやり始めてしまえば集中力が続きます

 

 

しかし

 

なかなかやり始められない

 

そこには勉強の環境が大きく関わってきます

 

 

勉強時間が足りなくなるほとんどの原因は

 

すぐ勉強に取りかかれない

 

ことです

 

その原因として様々な誘惑が挙げられます

 

ゲーム、漫画、テレビ、スマホ…

 

ありとあらゆるものが誘惑してきます

 

しかし、今回の記事では触れません

 

勉強に取りかかれない原因を取り除くことも大事です

 

しかし、今回は勉強の環境を改善することで

 

勉強に取りかかる気持ち

 

を作るのです

 

勉強に対して前向きに取りかかる方法として

 

勉強の環境について書きます

五感で感じるものを整える

まず、五感に着目して勉強の環境の改善について書いていきます

なぜかというと、いろんなことで五感で感じるものに左右されるからです

例えば、リラックスしたいとき

目に優しい緑色の観葉植物を見て

自分が落ち着く音楽をかけ

アロマキャンドルを焚き

大好きなホットコーヒーをたしなむ

このように

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚といった五感に訴えかけることで

リラックス効果を増しています

このように五感に訴えかけることで効果が増すのです!!

1.部屋のレイアウトを変える(視覚)

壁の前に机を置かない

壁に向かって座ると、勉強に対する不平不満が溜まりやすくなります

 

机の目の前に壁ではなく、隙間を開けるようにしましょう

 

すると目の前に圧迫感がなくなり、机に座っていてもストレスが減ります

 

机に座ることに対してストレスが減れば、机に向かう気が出ます

目標を常に目の見える位置に掲げる

目標を日々目にすることで高いモチベーションを維持することができます

人は目標を立ててすぐの時はモチベーションが高いです

 

しかし、目標を意識していなければ、どんどんモチベーションは下がっていきます

 

ですから、意識づけのためにも目標を実際に見えるように掲げることが大事です

 

私は半紙に筆で目標を書いて壁に貼っていました!

机と窓の位置関係

勉強をする際邪魔になるのが自分の影です

 

ノートや教科書が影で暗くなると、手元が見づらくなり勉強のやる気が削がれます

 

窓からの日光が手元に差し込むように、

 

利き手とは逆側に窓を配置しましょう!

2.音楽をかける(聴覚)

自分の好きな音楽をかけることによって、ノリノリの状態になりますよね

 

するといろんなことに対してポジティブに取り組めます

 

勉強も然りです

 

ですから、好きな音楽をかけて勉強に挑むようにするといいでしょう

 

ただし!

歌詞があるものはやめたほうがいいです

 

歌詞が頭に入ってきて勉強の妨げになります

勉強の効率が下がってしまうので、

 

歌詞がない歌or歌詞が日本語ではない歌にしましょう

 

どうしても日本語の歌詞の歌しか聞かないというのなら聞いてもいいと思います

 

しかし、勉強し始めて

「あれ?あんま音楽聴いてないな」って感じたなら音楽を止めましょう

 

勉強に集中できれば勉強は続くので音楽は必要ありません

 

本来、歌詞のある音楽は聞かない方がいいので集中できたら音楽を止めましょう

 

音楽はただの勉強導入剤として使いましょう!

3.疲れにくい環境を整える(触覚)

これは五感すべてにおいて言えることです

 

触覚において言うならば、椅子や机などを疲れにくいものにすることです

 

特に椅子です

頭の後ろまで背もたれがあるタイプにするといいでしょう!

 

 

ビジネスチェアというんでしょうかね

ゲーミングチェアとかでもいいと思います

 

とにかく長時間座っていても疲れないことが大事です!

 

あとは温度、湿度の調節です

 

長時間勉強せるのであれば、自分が快適な温度、湿度を保つ必要があります

 

勉強して体調を崩していたら元も子もないですから!

 

エアコンや扇風機、ファンヒーターなどで温度を調節

加湿器で湿度を調節

 

必要であれば、空気清浄機をおいてもいいと思います

勉強部屋は快適にしましょう

4.自分の好きな匂いにする(嗅覚)

どんな方法でもいいので、自分が好きな匂いにしましょう!

アロマを焚いたり

香水やボディシートなど自分の体に匂いをつけてもいいと思います

勉強部屋に居たくなるように

勉強部屋が自分にとって居心地のよい場所にしましょう

 

これもまた、勉強のやる気を引き出してくれます

5.自分の好きな食べ物や飲み物を用意する(味覚)

勉強する前には毎回好きな食べ物や飲み物を口にしましょう

理由は2つあります!

好きなものを口にすることでストレスが和らぎ、

いろんなことに対して前向きに取り組めるからです

 

もう一つの理由は毎回決まったものを口にすることで

よし、勉強するぞ!

 

というスイッチになるからです

 

私の場合はチョコとコーヒーでした

チョコとコーヒーを口にすることで勉強のスイッチをオンにしてました!

まとめ

勉強の環境は勉強の効率にとても大きく関わってきます

 

受験勉強で成功するためにも、勉強の効率を向上させる必要があります

 

 

まず、自分の部屋の環境を見返しましょう

 

 

そして、できることから改善していきましょう

 

 

最初にやれることとして

 

 

「目標を常に目の見える位置に掲げる」

 

 

まずこれからやっていきましょう!

 

また、勉強のやる気スイッチを入れるためにもルーティンを作りましょう

 

好きなものを口にしてから勉強するようにしてみてください

 

あなたがより勉強できるようになることを願っています!

 

志望校を下げずに大学受験を合格させたい!

そんなあなたと同じように、悩んでいた方を救った秘訣をお伝えします。

無料登録はこちらから!