国立大学受験

正しい問題集の使い方!間違った使い方は問題集の効果半減かも


受験生の悩みとしてよく関わってくるのが

 

問題集

です

 

受験生
受験生
問題集の選び方がわからない
受験生
受験生
問題集の使い方がわからない

 

こんな悩みを良く聞きます

今回はタイトルにもあるように問題集の使い方について記事を書きます

 

ひろ
ひろ
あなたは参考書の使い方どうしていますか?

 

使い方次第ではとても無駄な勉強をしているかもしれません

 

せっかく問題集をがんばって解いたのに自分の力になっていなければ、時間とお金の無駄になります

 

受験生の限りある時間を無駄にしていくわけにはいきません

 

間違った問題集の使い方を続けて時間をロスし続けていたら、受験までにやるべき勉強が間に合いません

 

そうこうして受験当日

まだ不安な分野もあるけどなんとかなる!

合格してやる!と意気込んで受験した

結果は不合格

なぜかって?

勉強時間が足りなかった、勉強量が足りなかった

一日10時間以上やっていたのになんで?

問題集もちゃんと解いたのになんで?

違う問題集のほうがよかったのかな?

 

いいえ、問題集の使い方が悪かったのです

 

受験とは少し離れますが、定期テストの出来が悪かったとき問題集の使い方を反省する人いないんですよね

だから、受験まで問題集の使い方が改善されずにいってしまう

という事態になるのです

今、この記事に出会えたあなたは超ラッキーです

問題集の使い方を見直すチャンスができたのです

さて、正しい問題集の使い方とはなにか?

解説していきます

最低三周する

いいですか、最低

 

三周してください

↑これです!これ

これをやっていない人が多いです

まあ正直しんどいんですよね

 

受験生
受験生
なんで三周するの?一回解いた問題解く意味なくない?

待ってました、その意見

私ひろも受験生の時思ってました

先生に問題集三周すればある程度の学力はつくからやれと言われました

謎でした最初言われたときは

でも、実際にやってみて劇的に成績が伸びました

ほんと自分でもびっくりしました

受験生
受験生
いやいやいや、そんなん人それぞれでしょ
たまたま、ひろ(筆者)にあった勉強法だっただけじゃないの?

ちがうんですよ!

明確な理由があるのです

受験生
受験生
いやいや、でもテストも受験も初めて見る問題じゃん!1周目で解けるようにならなきゃダメじゃない?

こういう意見を持って、問題集を1周しかやらず、次の問題集に行く人います

これが間違った問題集の使い方ですよ!!

あなたが解いているのは問題集です

問題集を1周目で解ける必要性はどこにありますか?

もちろん、受験本番は初めて見る問題ですよ

ここで一つ言っていきたいのは

「問題集を1周目で解けたからといって、受験で解けるとは限らない!」

です

だったら、

「問題集を3周して、受験で解けるようにする」

方がいいですよね

 

1周目は解法の確認とわからない分野の確認

1周目は初めて見る問題なので難しいです

解けないことも多いです

 

ですから、解けないと思ったら答えを見て解法を確認しましょう

 

初めて見る問題は解けないのが当たり前ぐらいの感覚でいましょう

 

別に1周目に解けない問題があっても気に病むことはありません

ひろ
ひろ
へー、この問題ってこうやって解くんだな

こんな感じで解法を勉強していきましょう

また、

解けなかった問題は必ずチェックしましょう!

これ絶対やってください

 

これをやることであなたが何が苦手なのか把握できます

ひろ
ひろ
わからないことが何かわかることが勉強の第一歩!

 

1周目は答えを見てやっていいのであまり時間をかけずにやりましょう

 

また、おそらく得意な分野がある人はその問題は秒で解けます

 

その問題は2周目以降解かなくていいです

 

1周目で解ける問題は何回やっても解けます

解ける問題を何回も解くことが勉強において一番の時間の無駄です

解けた問題もチェックするといいでしょう!

2周目は答えを見ずに解く

2周目は1問にかける時間を1周目より多めに取りましょう

 

少しわからなくても頑張って解きましょう

 

1周目で答えを見てますから、結構問題解けるようになってます

2周目で解けた問題は大概受験で見ても解けるようになっています

 

これがインプットとアウトプットのコンボパワーですね

一度解いて理解する(インプット)

2回目解いてみる(アウトプット)

こうすることで解法が身につき、似た問題を見たときに解けるようになっています

 

そこで解法を思い出せれば、完全に定着します

解けなくても、

 

考え抜いてわからなかった問題

 

はとても印象に残り、記憶に定着します

1周目、2周目で解けなかった問題を解く

3周目は仕上げです

3回同じ問題を解けば、いやでも解法は覚えます

ちゃんとやっていれば!

これで、この問題集にでてきた問題は全て解けるようになります!

最後に

受験生
受験生
この問題数を3周とかしんどすぎる

確かに、問題集の問題を全て3回解くのは大変です

しかし、解けた問題を省いていくことで3周勉強することができるのです

ただ、3周は目安です

1周で全部できるようになるというなら1周でいいですし、2周でもいいと思います

ただし!

問題集にでてきた問題を解くことができないうちに次の問題集を買って解くことはおすすめしません

ひとまず、問題集を3周してみましょう

でも、どの問題集がいいのかわからない

そういう方がいましたら、twitterのDM(@N2tMe)でお気軽にご相談ください

 

志望校を下げずに大学受験を合格させたい!

そんなあなたと同じように、悩んでいた方を救った秘訣をお伝えします。

無料登録はこちらから!