国立大学受験

後悔しない志望校の選び方とは?!大学ぐらい自分で選ぼうよ


高校三年生になったものの行きたい大学がない

 

なんていう悩み多いです

私ひろもそうでした

 

自分の学力的に旧帝大学はいけそうかな

 

でも東大、京大は無理かな

 

なら、近場にしようと名古屋大学を選び進学しました

 

正直、どこでも良かったのです

 

やりたいことがなかったので、とりあえず学力を手に入れようと志望校を定めました

 

自分は運がいいです

 

いい友人にも恵まれ、恋人もでき、行きたい研究室や将来やってみたいことも見つかりました

でも、誰しもがこのように行くとは限りません

 

友人や恋人はどうにでもなると思いますが、やりたいことに関しては完全に運です

 

たまたまやってみたいと思えることに出会えただけです

 

志望校が決まっていない人、やりたいことがまだない人は私と同じような志望校の決め方はしない方がいいです

 

もし、進学した学部に自分のやりたいことがなかったらどうなると思いますか?

 

今までの学生生活とは違い、大学の授業は自分で受ける意志がないと受けません

 

かったるいだけですから

 

すると、大学に行かなくなり、単位を落とします

 

単位を落とすと留年します

 

留年は浪人よりも就活に響きます

 

留年したこと自体はそこまで影響がありません

 

しかし、面接官に

「どうして留年したんですか?」

ときかれて

理由なくただ大学に行かなかったから留年したような人を採用すると思いますか???

 

せっかく学歴のある大学に入っても就活に成功できなければ何の意味もありません

 

やる気が出ず、学校に行かなかったことが悪いのではなくて、やる気が出ないような所へ進学したことが悪いのです

 

では、どうするか

 

答えは簡単です

 

明確な理由をもって大学を選ぶことです

 

明確な理由があれば、受験勉強のやる気もめきめきと起こります

 

では、どうやって志望校を選ぶのか??

 

今日はそれについて書いていきます

 

はじめに、どうして志望校選びが大事なのか

進学するということは自分の身を新たな環境へと移っていきます

志望校選びはその環境を選ぶということです

引っ越しするとき、引っ越し先のこと調べるのと同じことです

大学に入って自分がどうなりたいか、もしくは大学を経て自分がどういう職業に就くのかに大きく関わってきます

 

人生を左右する選択になります

 

後悔しないためにもしっかりと調べる必要があります

 

また、今受験勉強をするモチベーションにもなります

 

人は目標が明確になった方が頑張れるからです

 

ですから、志望校を決めるようにしましょう

志望校の選び方

これから、志望校の選び方を順に紹介していきます

1.まずは自分が進学したい学部を決めよう

大学ではとても専門的な学習や研究が待っています

全然医療に興味がないのに医学部の保健学科なら自分の成績でも届くからと進学して痛い目を見てる友人がいます

なんせ興味がないから、大学に通うのが苦痛ですよね

そうなったら、大学に合格した意味がありません

 

自分が好きな科目に関わる学部に進学したらいいと思います

私の場合、数学と物理が好きだったので、工学部を選びました

数学は得意ではなく、むしろ苦手だったのでかなり苦労しましたが好きだったので受験勉強を乗り越えることができました

 

得意、不得意はとりあえず無視して、自分の好き嫌いで選びましょう

 

好きなことならなんとかなります!

 

2.学部が決まったらその学部から就ける職業を考えよう

そもそも大学に行く理由とはなんでしょうか?

そうです、就職のためですよね

ですから、行きたい学部が決まったら、就職先を調べてみましょう

 

どうやって調べるか

 

それは「○○大学 〇学部 就職先」と検索してみましょう

 

すると、年度別で卒業生の就職、進学先(大学院)をみることができます

 

そこに、気になる企業があればその学部でいいと思います

その程度でかまわないと思います

 

もちろん

「この企業に就きたい」

と明確な目標が見つかればいいと思います

でも、今高校生の段階でまだそこまでの判断はできません

 

それに自分が就職する頃にその企業がないかもしれません

高校生
高校生
あ、この企業なんとなくいいかも

ぐらいで全然いいと思います

その企業でなくても、同じ業界の就職先に就くかもしれませんし

ただし!

気になる企業がなければ、また学部を考え直した方がいいです

 

大概その場合、その学部の専門的な学習について何の興味も湧きません

 

3.行きたい大学に通う人の話を聞く、口コミを調べる

なんとなく自分の行きたい大学が決まったら

その大学に通う先輩に話を聞いてみましょう

また、その大学に通う人のSNSを見たり、ネットで大学の口コミを探してみましょう

正直、大学のパンフレットなどはその大学の良い所しか書かれていません

実際に通う人にしかわからない不便なことがあります

キャンパスが古い、学食が狭い、大学近辺になにもない…etc

これらは大学に合格する前に調べられることなのでネットや交遊関係を駆使して調べましょう!

志望校を考える時期

進学校と呼ばれる多くの高校では高校2年に上がるタイミングなどで文理の選択があると思います

そのタイミングで一度考えましょう

将来、自分が何に関わる仕事に就きたいのか

それによっておおかた進学する学部が決まると思います

高校2年の夏頃には一度志望校を決めましょう

もちろん、あとから変更しても構いません

とにかく一度決めてみましょう

そして

高校3年生に上がるタイミングで、完全に確定させましょう

 

1次試験の結果や途中で学力が足らないとなるぎりぎりまで変えず

受験生
受験生
この大学に受かるんだ!

と固い決意を持って受験勉強に挑みましょう

最後に

志望校を決めることは受験勉強を頑張る上でとても大事なことです

とにかく決めてみましょう

そして家庭にも寄りますが、浪人が許されている場合

 

志望校を自分の学力で選ぶな!!!

 

と助言を送ります

 

この選択をして後悔した友人を何人も見ています

また、浪人して今同じ大学に来ている人は

浪人して良かったと言っています

もちろん、人それぞれだと思います

しかし、行きたいと思った大学を今の自分の学力が足りないからといって諦めないでください

受験生の学力はあなたが思っているよりもずっとずっと上がっていきますから!!

自分はこの大学に行くんだという強い意志さえあれば!

後悔のない志望校選びをしてください

志望校の選び方で相談があれば私のtwitter(@N2tMe)にDMでご相談ください!

 

志望校を下げずに大学受験を合格させたい!

そんなあなたと同じように、悩んでいた方を救った秘訣をお伝えします。

無料登録はこちらから!