国立大学受験

高校数学の問題の解き方とは?!数学はこう解く!


数学が苦手な人の多くの悩みとして

 

数学が苦手な高校生
数学が苦手な高校生
問題の解き方がわからない
だから、やる気が出ない

こうなるとまあ数学の勉強はしなくなります

数学は積み上げ式の学問です

 

ですから、一度つまづいて勉強をやめてしまうと苦手は苦手のまま

 

どんどん苦手になっていき、手のつけようがなくなってしまいます

 

そうなる前に数学の苦手解消に取り組みましょう!!

今回の記事では数学の解き方について書いていきます

数学の問題は求める答えが明確

数学の問題の特徴は

求める答えが明確である」ということです

ですから、問題を見て何を求めるかがわかれば問題を解くことができます

しかし!

 

問題を見て何を求めるかがわからないから苦手なんですよね

 

さてどうやって

問題を見て何を求めるか

を見極めるのか??

 

たくさんの問題を解いて気づけるようにする

たくさんの問題を解くことで、問題の文章を見たときに

この問題はこういうことを聞いてるんだなと気づけるようになります

体積を求めるのか、確率を求めるのか、数列を導くのか、方程式の証明をするのか

気づけるようになれば解くことはかなり容易になります

とにかく基礎固めをしよう

高校数学であればどんな難問でもわからない問題でも

すべて基礎の組み合わせです!!

例えば、

数列と確率の融合問題はたくさんあります

結構苦手な人多いです

でも、数列は解けるし、確率も解ける

だったらこの融合問題はとけるはずですよね

ただ、融合問題になっただけで急に難しく感じてしまうだけなのです

ようは難問を基礎レベルに分解できれば解くことができるのです

しかしながら、この分解する方法は問題をたくさん解いて身につけるしかありません

でも正直時間かかってしまいますよね

どうしたらいいか

twitter有効活用しよう!

twitterには私のようなおせっかい野郎がたくさんいます

大体聞いたら答えてくれるのでどんどん質問していきましょう

twitterですと文字制限があって質問しづらい部分もあると思うので

私のtwitter(@N2tMe)のDMから質問してください!

最後に

数学の問題を解くときに一番難しいことは基礎レベルの問題に分解することです

それさえできれば解けるようになります

でもまずは基礎レベルの問題はとけるようになりましょう

基礎レベルがまだ不安な方は教科書の基礎問題を解いてトレーニングをつみましょう

基礎レベルは大丈夫という方は少しずつ難問に挑んでいきましょう

つまづくようでしたら私にご質問ください!

必ず力になります!

 

志望校を下げずに大学受験を合格させたい!

そんなあなたと同じように、悩んでいた方を救った秘訣をお伝えします。

無料登録はこちらから!