国立大学受験

勉強時間が確保できないあなたへ!時間はまだ生み出せる!


以前、勉強時間についての記事を書きました

あわせて読みたい
受験勉強は一日何時間がベスト?睡眠時間は削らない!!あなたはどのように勉強のノルマを立てていますか? 多くの人が 「1日10時間」 「平日7時間、休日12時間」 ...

毎日10時間がちょうどいい目標だという記事を書きました

しかしながら、10時間も勉強するのは結構しんどいという声がよく上がりました

そこで

10時間確保するにはどんな術があるのか

 

を紹介していきます

勉強時間を記録する

1日で自分がどれだけできているのかを記録します

例えば、こんな感じです

空白は休憩の時間です

勉強時間だけでなく、24時間をどのように使ったのか記録してください

ご飯、お風呂、朝の準備など全部です!

するとまず1日で自分が何時間勉強しているのか把握できます

 

書き出してみてどうですか?

 

10時間勉強しよう!と意気込んでいた割に案外勉強できてないですよね

 

わかります、私もそうでした

「あれ?やってるはずなのにな」

 

この記録を一週間つけたときに以下のことがわかりました

削れる時間がある

勉強1時間2時間続くんだけど、間の休憩が長い!

そうなんです!

勉強時間が確保できない人のほとんどは勉強の間の休憩が長いのです

なぜか?

ちゃんと休憩しようとするからです

休憩するとなるとあなたはなにしますか?

おやつを食べたりコーヒー飲んだり

はたまた、動画を見たりSNS見たりしますよね

休憩は勉強以外のことをする時間ではありません!

ずっと集中して疲れた脳をリフレッシュする時間だと認識してください

ですから、休憩は30分もいらないのです

別に体を休めるわけではありませんから

10分あれば十分です

学校の休憩も10分や15分ですよね

脳の休憩にはそれくらいで十分です

ですから、休憩の時間は削ることができます

スキマ時間を有効活用する

例えば

歯を磨く時

その日勉強したことが書いてあるノートを見ながら復習できますよね

ドライヤーで髪を乾かす時

同じように復習できますよね

 

学校へ電車で通っているのなら

 

電車に乗っている間単語帳を見たりできますよね

このように勉強しながら行えるものは勉強するようにしていきましょう

いわゆるスキマ時間を利用するってやつです!

科目をどんどん変える

学校の授業がどうしてバラバラなのかというと、何時間も同じ科目を続けていると飽きるからです

だから時間割というものがあります

同じように
数学→現代文→英語→物理→…のようにだいたい1時間ごとに変えていきましょう

 

その間に休憩を挟みつつ勉強することで

 

無理なく継続的に勉強することが可能です

まとめ

一日でロスした時間は1時間かもしれません

でもそのロスを毎日続けたら

1年でだいたい2週間ちょっとの時間を無駄にしてしまいます

その時間を勉強に当ててる人はもちろんいます

スキマ時間をただダラダラ過ごし、受験に失敗した時に必ず後悔します

あと2週間あれば合格点に届く学力が身についたかもしれません

後悔する前にいますぐスキマ時間を有効活用しましょう!

そのために今あなたがすぐできること

それは

1日の過ごした時間を記録する

ことです!

紙とペンさえあればできますし、今時アプリを探してもいいと思います!

是非やってみましょう!

 

なにか訪ねたいことがありましたら、お気軽にご相談ください

 

プロフィールのtwitterのボタンから私ひろのtwitterのアカウントを開けます

 

DMお待ちしてます!!

 

志望校を下げずに大学受験を合格させたい!

そんなあなたと同じように、悩んでいた方を救った秘訣をお伝えします。

無料登録はこちらから!