国立大学受験

夏休み明けに受験生が抱く不安!


いよいよ夏休みも明けますよね

 

夏休み明けの勉強法については先日記事にしました

 

あわせて読みたい
夏休み明けの過ごし方!おすすめの勉強法いよいよ8月も終わりです 9月からまた新学期が始まります 一次試験は1月19日(土)、20日(日)ですね! あと5ヶ月...

 

今回の記事はこちら

「夏休み明けに受験生が抱く不安」

です

夏休みが終わるといよいよ1次試験が迫ってきています

時間的な焦りから余計な不安を抱いてしまいます

不安や焦りを抱きながら勉強を進めていくのは精神的にかなりストレスになります

ひたむきに努力し続けるためには、心の健康も重要です

ストレスを感じながら勉強は続けられません

勉強を続けられなければどういう結末は待っているかわかりますよね?

ストレスを解消するためにも

どのような不安を抱くか紹介していきます

周りの学力が伸びていて焦る

夏休みの勉強は個人で進めます

ですから、周りの人と同じ勉強をしているわけではないので夏休み明けて同級生と会うと自分よりも学力が上がっていることがあります

受験生
受験生
あれ?この人数学苦手だったのに夏休みで苦手克服してる!

なんて思うこともあります

夏休みで急に勉強ができるようになってたりすると焦りますよね

自分はまだ苦手克服できていないのに

と感じることがあります

自分の学力が伸びているか不安になる

夏休みめちゃめちゃ勉強して

「よし、前よりは勉強できるようになってるはず」

と模擬試験に挑みました

しかしながら、思ったよりも成績は伸びませんでした

偏差値もあまりあがらなかった

このとき、あなたは

「夏休みあんなに勉強したのになんで成績が伸びないのか?」

このように感じると思います

この悩みは当然抱きます

 

なぜなら

 

周りの人も皆夏休みであなたと同じように学力をあげているからです

 

みなさんの絶対的な学力はもちろん夏休みを経てあがっています

 

でも、偏差値や順位などは相対的な学力の指標ですから、

 

自分だけでなく、周りの人も頑張っていたらこれらの指標はあまり上がりません

 

だから、このような悩みは無視していいです

あなたの学力は確実に伸びています

 

夏休みに勉強していたのですから

夏休みの勉強は意味がなかったのでは?

周りの学力が伸びているように感じる

自分の学力が伸びているか不安になる

この2つの悩みを抱くとこのように思ってしまいます

ひろ
ひろ
夏休みに勉強したのは意味がなかったのでは?

しかし!

このような疑問は無視してください

意味がないわけがないです

大学受験に成功したいと思って勉強してたのですから!

必ずあなたの学力は伸びています

それが目に見えない

 

でも、周りの学力の向上は目に見える

 

だから、このような不安を感じるようになります

このような不安は感じる意味がないです!

理由は2つ!

1つ目!

夏休みの勉強が意味があったかどうかなんて今は振り返らなくていいから!

 

夏休みの勉強の意味があったかどうかは大学受験に失敗してから振り返ってください

振り返っている暇があったらこれからどう勉強していくか計画を立ててください

2つ目!

周りの人も同じように感じているから!

 

他の人も同じように勉強を頑張っていたはずなのになんで成績が上がらないだろうと感じています

あなただけではないのです

こんな悩みは無視して勉強にひたむきに取り組む姿勢を持てた方がいいです

周りの人がこのような悩みを感じてモチベーションを下げているうちに

 

モチベーションを落とさずに勉強することができたら、夏休み明けの勉強で差がつけれるかも知れません

以上、2つの理由からこのような悩みは無視するようにしましょう!

最後に

夏休み明け周りがどれだけ勉強しているのか不安になります

でも、このような不安は感じる必要はありません

不安を感じている暇があったら、この先の勉強の計画を立てましょう!!

 

志望校を下げずに大学受験を合格させたい!

そんなあなたと同じように、悩んでいた方を救った秘訣をお伝えします。

無料登録はこちらから!